みなさま、こんにちは。今回は、弊社五光の最も得意でご注文の多い工事をご紹介したいと思います。

 

年末から年度末のこの時期は、道路の舗装工事ばかりやっているため、道路の舗装屋さんと思われてしまうことがあるのですが、最も得意なのは、実はお庭の工事です。

 

さらに、土間コンクリート打ちが最も多い仕事です。

 

土間コンクリート打ちをお考えの方へ

土間コンクリート打ちとは、「地面掘って底に砕石を敷き、その上にコンクリートを流し込み、硬化させた床」のことです。

 

駐車場や自転車置き場、物置の下地などに土間を打ちます。最近では、家の周りにも土間を打つ家が多くなりました。なぜなら、雑草対策ですね。草むしりの手間がなくなり、メンテナンスが楽になるということで、人気の高い工事です。

 

新築の場合ですと、最初からご依頼いただくケースも多いです。

 

高齢化が急速に進む中、雑草問題はかなり深刻なのだな~と感じています。大きな家になればなるほど、高齢者だけでなくご子息にも負担がかかっていますね。除草剤は、ハッキリ言って気休めにしかならず、抜本的な解決にはなりません。庭のメンテナンスには、よっぽど庭いじりが好きという方でない限り、お金も体力もかかる大変な問題ですよね。

 

そんな中、スペースを有効活用できる土間打ち工事は、人気が高くなりつつあるのかもしれません。

 

門や玄関周りのリフォーム工事をお考えの方へ

土間コンクリート打ち工事の次に多いご依頼は、門や玄関周りのリフォームです。

門や玄関周りは、家の顔ですので、こちらのリフォームは弊社もとても力が入る部分です。

ご依頼には、門自体を今風に新しく変える工事や、飛び石の設置、インターロッキングへの工事などが多いです。

 

こちらは、”オシャレな家に住みたい!”という思いから、デザイン重視でご依頼される方が多いです。

 

ちなみに、インターロッキングという言葉はあまり聞きなれないかもしれませんが、コンクリート工事の一種です。コンクリートとコンクリートの間に砂を入れる手法で、過重を分散させたり、水はけをよくしたりする効果がある一方で、雑草が生えるとか雪が解けずらいといったデメリットもあります。気になる方は、ぜひご連絡くださいね。

 

また昨今は、門自体を取っ払って植木などを植樹して、思い切りのいいオシャレな門構えにする工事のご依頼もいただきます。

 

防犯上、門でがっちり塞ぐより開放的にするほうがいい統計もあるそうです。先ほどの機能的な土間とは反対の発想になりますが、オシャレにこだわるオーナー様には、おススメです。

 

スクラッチウォールや宅配ボックスや立水栓の設置など

その他の工事も各種承っております。最近人気が高い工事に、スクラッチウォールというふぞろいの色や大きさの石で作られた壁は、とてもオシャレです。

 

あとは、流通の変化で“玄関前”という宅配方法が選択できるようになったことで、自宅に宅配ボックスを設置する家が増えています。

 

弊社ではこのように、時代に合わせた最新のデザインから機能性重視のご提案まで、一人一人に合わせたご相談をお受けしております。大切な家だからこそ、オンリーワンの外構にこだわりませんか?

 

外壁に関するご質問やお問い合わせは、お気軽にご連絡ください。