練馬区にて外構工事(フェンス・ブロック)の工事

今回は、新築の戸建てを建てられたお客様より、外構工事のご依頼をいただきました。

通常ですと新築の場合は、ハウスメーカーさんが作った外構の案を持参される方が多いです。しかし今回は、お客様のご要望があるということで、ハウスメーカー様の案ではなくお客様のご意見をお聞きしました。

お客さまのご希望を伺いながら、弊社からもご予算やご要望に添ったご提案もさせていただきまして、作業内容を決定しました。

まずは、お隣さんとの境界に古いブロックがあり、そのブロックの保有者がどちらか不明ということで、古いブロックを壊すことはできませでした。

そこで古いブロックは残し、その上に目隠しを取り付けました。

作業工程としては、下からブロック3段を残して、ブロックを半分取り壊しました。

次に壊した部分を補強して、新しく1段積み上げて、ブロック部分は完成です。その上に、新規の目隠しフェンスを設置しました。

写真の左側部分です。境界以外の部分は、1からブロックを積み、フェンスを取り付けました

表札部分も新しくしました。また、樹木のご希望もありまして、相談に乗らせていただきました。パンフレットと照らし合わせながら説明をして、決めていただきました。

 


門と表札

 


植木

 

次に、カーポートです。

カーポートは、跳ね上げ連動ゲートを設置しました。跳ね上げ運動ゲートは、扉が真上に開くので狭い敷地でもめいいっぱい活用することが可能です。今回は、半自動のものを選びました。

メーカー様のウェブサイトはこちらです。
◇三協アルミ「ラビーネ

 

冒頭の通りお客様は、ハウスメーカー様のご提案ではなく自分たちの案をご要望されました。

理由は、「ハウスメーカーさんの案は、どうしても見た目の完成を重視してしまうから」ということでした。デザインより生活を優先した外構にしたいということで、お客様自身でいろいろお調べになってご希望されました。

正直、弊社としては、大賛成です!

見た目はもちろん大事なのですが、今の生活にあった外構であることはとても重要です。また、お子様などが大きくなることを想定するなど「住む人が考えた外構」というのがとても理想だと思います。

お客さまからは,

「自分たちのデザインが、そのまま形になって大変満足しています!」というお言葉をいただきまして、弊社としても大変うれしく思っております。

駐車場の防草シート施工と整地

駐車場の防草シート施工と整地のお仕事です。

ご予算的に舗装などは不要とのことですが、悩みは夏場の雑草とのことでした。

 


こちらは、3月の時の写真です。そんなに雑草は目立ちませんでしたが、夏場はひどいようです。


まずは、防草シートを張りました。

 

続いて、ていねいに整地して完成です。

この防草シートを敷くだけで、大変な除草工事から解放されます。気になる方は、ぜひお試しください。

桜の森づくりプロジェクトに参加しました

和光樹林公園で、桜の森づくりプロジェクトという募集がございましたので、弊
社も微力ながら賛同いたしました

桜の森づくりプロジェクト

植樹した桜の下に弊社の名前を入れてもらえるなんて光栄です。

毎年、どのくらい成長していくか楽しみです!

 

以上、今回は2件の施工例と植樹のお話でした。

 

いよいよ、低気圧の季節がやってきましたね。外構工事は湿気や雨に左右される工事もござますので、気になることがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

体調がくずれやすくなりますので、くれぐれもお体ご自愛下さいませ。